2018年10月09日

MacPorts の inetutils のインストール内容を以前のものに戻す方法

数日前から MacPorts の inetutils がデフォルトで全てのクライアントを頭に g を付けたファイル名でインストールするようになってしまいましたが、それを以前のように限定されたクライアントのみを g を付けずにインストールしたい場合は
sudo port edit inetutils
と実行して Portfile に
--- Portfile.orig	2018-10-09 09:28:31.000000000 +0900
+++ Portfile 2018-10-09 11:30:19.000000000 +0900
@@ -30,6 +30,15 @@
configure.args --infodir=${prefix}/share/info \
--mandir=${prefix}/share/man \
--disable-servers
+configure.args-append --disable-hostname \
+ --disable-ifconfig \
+ --disable-ping \
+ --disable-ping6 \
+ --disable-talk \
+ --disable-tftp \
+ --disable-traceroute \
+ --disable-logger \
+ --disable-whois

variant client description {Enable all clients (with g prefix)} {
post-patch {
のような修正を加えた上で
sudo port install inetutils -client
と実行すればOK。インストールされるクライアントは以下のみ。
/opt/local/bin/dnsdomainname
/opt/local/bin/ftp
/opt/local/bin/rcp
/opt/local/bin/rexec
/opt/local/bin/rlogin
/opt/local/bin/rsh
/opt/local/bin/telnet
posted by yamaga at 11:46| Comment(0) | macOS / Darwin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする