2007年02月03日

gnupg-1.4.6 on MacOS X 10.3.9

MacOS X 10.3.9 で gnupg-1.4.6 をただ configure → make → make install してもメッセージファイルを適切に読み込まないので、
$ ./configure --datadir=/usr/local/share

と実行。次にメッセージファイルを再コンパイルするためにあらかじめ
$ rm -f po/*.gmo po/stamp-po
してから make → make install

※ gnupg-1.4.7 では configure → make → make install で OK (2007-03-08追記)


ラベル:gnupg
posted by yamaga at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | macOS / Darwin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック