2008年12月30日

apcupsd-3.14.4 (OpenBSD 4.4 自作パッケージソース)

パッケージ化しておいた方が管理しやすいので。

/usr/ports/sysutils/apcupsd
apcupsd-3.14.4.pkgsrc.tgz

上記でリンクしている *.pkgsrc.tgz をダウンロードし、上記のディレクトリ配置になるように展開して、そのディレクトリ内で
make package
と実行すれば /usr/ports/packages/`uname -m`/all/ 以下に

apcupsd-3.14.4.tgz

というパッケージが出来ます。

このパッケージは USB 接続を前提にしており、configure オプションは以下の通り。
--enable-usb --with-dev="" --with-upstype=usb --with-upscable=usb
なお、私が試した範囲では apctest は正常に動作しませんでした。

また pkg_add 実行時に表示される内容と同じですが、インストール後は
/var/db/pkg/apcupsd-3.14.4/+DISPLAY
の内容をご確認ください。

なお、OpenBSD 4.2 以降は標準カーネルで apcupsd の USB 接続に対応しています。
posted by yamaga at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenBSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック