2009年03月24日

clamav-0.95 (OpenBSD 4.4 自作パッケージソース)

0.95 が公開されたので作ってみました。いつも通り無保証ですので自己責任で。

/usr/ports/security/clamav-0.95
clamav-0.95.pkgsrc.tgz
(2009-04-06 21:04 更新)

上記でリンクしている *.pkgsrc.tgz をダウンロードし、上記のディレクトリ配置になるように展開して、そのディレクトリ内で
make package
と実行すれば /usr/ports/packages/`uname -m`/all/ 以下に

clamav-0.95.tgz

というパッケージが出来ます。

OpenBSD プロジェクトによる clamav-0.94.2 のパッケージを clamav-0.95 に合わせて手直しし、--enable-experimental オプションを FLAVOR で選択できるように Makefile を書き換えただけのもので、動作を完全に確認したわけではありません。

なお、clamav-0.90 から導入された新機能を使うために --enable-experimental オプションでコンパイルしたい場合は
FLAVOR=exp make package
と実行すれば /usr/ports/packages/`uname -m`/all/ 以下に

clamav-0.95-exp.tgz

というパッケージが出来ます。

※ 環境変数 LD_LIBRARY_PATH または LTDL_LIBRARY_PATH/usr/local/lib に設定しないと unrar 周りが正常に動作しないようです。

(2009-03-24 17:50 更新)
設定しなくても OK になるようにパッケージを修正しました。
posted by yamaga at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenBSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック