2009年03月28日

CVS 版 branch-netatalk-2-0 (OpenBSD 4.4 自作パッケージソース)

2.0.4 の正式版がリリースされているので、そのパッケージソースをご利用ください。

netatalk-2.0.4 (OpenBSD 4.5 自作パッケージソース)

CVS 版 branch-netatalk-2-0 (2009-03-26) をパッケージソースにしてみました。

/usr/ports/net/netatalk-2.0.4beta2-20090326
netatalk-2.0.4beta2-20090326.pkgsrc.tgz


ビルドするには、まず CVS で取って来たソースを tar + gzip で固めたもの

netatalk-2.0.4beta2-20090326.tar.gz

/usr/ports/distfiles/ に置きます。

その後、上記でリンクしている *.pkgsrc.tgz をダウンロードし、上記のディレクトリ配置になるように展開して、そのディレクトリ内で
make package
と実行すれば /usr/ports/packages/`uname -m`/all/ 以下に

netatalk-2.0.4beta2-20090326.tgz

というパッケージができます。

ただし、このパッケージソースは OpenBSD プロジェクトによる netatalk-2.0.3 のパッケージを適用しただけで全ての動作を確認したものではありません。

なお、このパッケージでは MAC_JAPANESE が使えます

posted by yamaga at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenBSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック