2012年05月23日

netatalk-3.0beta1 (OpenBSD 5.1 自作パッケージソース)

netatalk-3.0beta1 のパッケージソースを作ってみました。
β版ですので、利用にあたっては自己責任でお願いします。

/usr/ports/net/netatalk-3.0beta1
netatalk-3.0beta1.pkgsrc.tgz


上記でリンクしている *.pkgsrc.tgz をダウンロードし、上記のディレクトリ配置になるように展開して、そのディレクトリ内で
FLAVOR=avahi make package
と実行すれば /usr/ports/packages/`uname -m`/all/ 以下に

netatalk-3.0beta1-avahi.tgz

というパッケージができます。

/etc/afp.conf の設定例
[Global]
; Global server settings

unix charset = UTF8
vol charset = UTF8
mac charset = MAC_JAPANESE

mimic model = MacPro

afp listen = 0.0.0.0
vol preset = my presets

[my presets]
file perm = 0600
directory perm = 0700

[Homes]
basedir regex = /home
OS 起動時に netatalk も起動したい場合は /etc/rc.conf.local の変数 pkg_scriptsnetatalk を加えてください。

なお、このパッケージソースは OpenBSD プロジェクトによる netatalk-2.2.2 のパッケージ (current) を netatalk-3.0beta1 に合わせて手直ししただけで、全ての動作を確認したわけではありません。
ラベル:netatalk
posted by yamaga at 08:55| Comment(2) | TrackBack(1) | OpenBSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもBSD系の仕組みがよくわからないのですが、
afp listen = 0.0.0.0 ::
と書いても、IPv4, IPv6両対応にはならないのでしょうか。

Posted by HAT at 2012年05月29日 01:14
HATさん、
何も設定しないとIPv6でしか待ち受けせず、
0.0.0.0 と設定するとIPv4でしか待ち受けしません。
両方で同時に待ち受けする方法は試したことがないので分かりません。

時間のある時に試してみます。
Posted by 山賀正人 at 2012年05月29日 07:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Netatalk 近状 (安定版 2.2.3 と 開発版 3.0 beta1 同時リリース)
Excerpt: netatalkの近状。随時更新。
Weblog: HAT
Tracked: 2012-05-23 10:51