2012年07月19日

Sophos Anti-Virus for Mac がルータをハングアップさせる?

ここのところずっと Sophos Anti-Virus for Mac を使っていて、特に問題はなかったのですが、先日、自動アップデートでバージョン8になってから、ルータが頻繁にハングアップするように。

定義ファイルの更新でアップデートサーバにアクセスしようとする時 (おそらく名前解決時) に現象が起こるらしいというところまでは分かったのですが、それ以上の原因を突き止める気力もないし、Sophos を使い続けないといけない理由もないので、取り敢えず、アンインストール。

次に Avast! に入れ替えたところ、ルータに異常が発生することはなくなったものの、フルスキャンが重過ぎるし、OS (Snow Leopard) ごと落ちちゃったりすることも (ToT)

悲しい…。

OS が落ちちゃうのは、どうも Boot Camp 領域 (NTFS) をスキャンする場合らしい。ちょちょっと細工して read/write でマウントしているのがダメなのかも…。時間があったら調べてみます。


と思いましたが、フルスキャン云々以前に、OSを固めちゃうことがあまりに多過ぎて全く使い物にならないのでアンインストールしました。アンチウイルスソフトとしてはあまりに出来が悪過ぎ。

今はIOを監視する機能のない (性能としては若干の不安があるものの) 別のものを使っています。
posted by yamaga at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | macOS / Darwin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック