2013年02月16日

MacPorts で OpenSSL をバージョンアップしたら OpenSSH が使用不能に

MacPorts で OpenSSL を 1.0.1d(その後 1.0.1e)にバージョンアップしたところ、OpenSSH のクライアントが認証前に接続を切って終了してしまうように。
$ /opt/local/bin/ssh サーバホスト名
buffer_get_bignum2_ret: BN_bin2bn failed
key_from_blob: can't read ecdsa key point
key_read: key_from_blob AAAAE....省略....
failed
Connection closed by サーバIPアドレス

MacPorts の提供側も試行錯誤していたようですが、no-asm オプションを付けずに OpenSSL を make すれば OK みたいです。

openssl-1.0.1e broken with key_from_blob error messages
https://trac.macports.org/ticket/38041

具体的方法
sudo port edit openssl
と実行して、以下の行から no-asm を削除して保存。
configure.args -L${prefix}/lib --openssldir=${prefix}/etc/openssl zlib no-krb5 shared no-asm
その後、OpenSSL を再インストール。
sudo port upgrade --force openssl

ラベル:openssl OpenSSH MacPorts
posted by yamaga at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | macOS / Darwin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック