2013年10月16日

Chrome 30.0.1599.101 の Flash Player のバージョンが変

Mac で使っている Google Chrome を Stable版 30.0.1599.101 に更新したのですが、

chrome version

バンドルされている Flash Player (Pepper Flash) のバージョンが変なのです。まず、Adobe のバージョン確認サイト

Adobe - Flash Player
https://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

でチェックすると最新の 11,9,900,117 になっているし、

adobe version check site

chrome://plugins/ でプラグインを確認すると、これもちゃんと最新の 11.9.900.117 になっています。

chrome://plugins

ところが、普段よく使っているバージョン確認サイト

Qualys BrowserCheck
https://browsercheck.qualys.com/

でチェックすると何故か 11.8.800.66 となっていて、最新版に更新しろと表示されてしまうのです。

Qualys 11.8.800.66

変だなぁと思って調べてみると、どうも Qualys BrowserCheck ではテキストファイルである

/Applications/Google Chrome.app/Contents/Versions/30.0.1599.101/Google Chrome Framework.framework/Internet Plug-Ins/PepperFlash/PepperFlashPlayer.plugin/Contents/Info.plist

内に記述されているバージョン情報を読み取っているだけで、実際のバイナリのバージョンをチェックしているわけではないようなのです。そこで、Info.plist 内のバージョン情報を適当なバージョン番号に書き変えてみると、

Info.plist diff

Adobe のサイトや chrome://plugins/ では変わらず 11.9.900.117 と表示されますが、Qualys BrowserCheck では書き変えたバージョンで表示されます。

Qualys 1.2.3.4

つまり、Chrome 30.0.1599.101 にバンドルされている Pepper Flash は、実際には最新バージョンの 11.9.900.117 であるにもかかわらず、Info.plist 内のバージョン情報が間違っているため、その情報を読み取るだけの Qualys BrowserCheck が誤検知したというわけです。

今回分かったことは、Qualys BrowserCheck は便利ですが、バージョン番号の偽装に弱いということ。あまり信用はできないってことですね。
posted by yamaga at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | macOS / Darwin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック