2018年05月11日

macOSの通知センターのログに保存されている過去の通知を確認できるスクリプト

日本語文字列などがUnicodeエスケープされているので、
python dumpNotificationDB.py | sed 's/\\\U\(....\)/\&#x\1;/g' | nkf --numchar-input
と実行した方が良いかも。ちなみにpythonはOSバンドルの/usr/bin/pythonでないとダメみたい。

macOSの通知センターログに何が保存されているかをチェックできるスクリプトが公開。
https://applech2.com/archives/20180511-macos-notification-database-checker.html
posted by yamaga at 15:37| Comment(0) | macOS / Darwin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。